top

目には見えなくても、私たちが暮らす日常空間には様々な細菌が潜んでいます。 その対策として有効な手段が、塩と水で電気分解して生成する「電解水」。 洗浄力の「アルカリ性電解水」と除菌力の「酸性電解水」が、食中毒や施設内感染の防止に活躍します。 しかも、生成には薬品類をいっさい使用しないため、安心してご使用いただけます。 食品業界や福祉施設をはじめ幅広いシーンで、清潔な環境作りをサポートします。

 

細菌への防衛力なら、「電解水」です。

細菌への対策として有効な手段が「電解水」です。洗浄力の「アルカリ性電解水」。 除菌力の「酸性電解水」。電解水の二つのチカラが、細菌を除去した真の「清潔」を実現します。

 

このようなシーンでお使いいただけます。

 

飲食店の器具・容器・まな板

清潔な調理環境のために。
漬け置きやスプレー容器の使用もできますから食器・食材からテーブル等まで除菌できます。

 

幼稚園・保育園

@手洗いなら手をかざすだけで手洗いが出来ます。
用途に合わせ濃度レベルや吐出時間が変えられます。

商業施設など

不特定多数の方が触れる場所では感染が懸念されます。
スプレーを利用することで隅々まで除菌が可能です。

ホテル・旅館

電解水を専用噴霧器で超微粒子のミスト化することにより、次亜塩素酸が空間の隅々まで行きわたり、除菌・脱臭効果を発揮します。

介護施設

洗濯と除菌、電解水のW効果が洗濯にも発揮できます。その上消毒液のような「薬液」ではないので、安心して使用できます。

温浴施設

床や浴槽などの清掃から、タイルの目地や岩盤浴槽のくぼみなどに発生するカビの原因菌も除去します。

 

▲TOPへ

電解水の効力

私たちが暮らす空間には多種多様な細菌が潜んでいます。
その対策として有効な手段がここでご提案する「電解水」です。

「洗浄力」と「除菌力」

電解水の生成に必要なのは「水」と「塩」と「電気」だけ

03
電解水の持つ2つの力は、アルカリ性の「洗浄力」と酸性の「除菌力」です。 電解水生成には特別な原料は必要ありません。 「水」と「塩」と「電気」から酸性とアルカリ性の水を作り出します。
水道水に含まれるカルキや塩素系の物質、微小なチリやごみ等をフィルターに通して徹底的に除去したのちに、この水と塩水とで電気分解を行い「アルカリ性電解水」と「酸性電解水」を作り出します。 マイナスの電極側から洗浄力の高いアルカリ性電解水が、プラスの電極側からは除菌力の高い酸性電解水が生成されます。

 

04

2つの力が洗浄・除菌に効果を発揮

汚れの中に潜んだ菌は通常の除菌剤だけでは十分な除菌効果を発揮しません。菌を覆う汚れにガードされてしまうためです。このような場合でもWの効果を持つ電解水なら、まず「アルカリ性電解水」で洗浄しその後「酸性電解水」ですすぐことにより、細菌の温床や臭いの元となるたんぱく質・油汚れを分解洗浄し、その後菌を除去することが出来ます。電解水で洗濯しながら除菌効果を上げることが可能です。

05

菌が汚れの中に潜んでいる場合、通常の除菌剤だけでは菌を覆っている汚れにガードされてしまい、充分な除菌効果を発揮することができません。そこで、洗浄力&除菌力、W効果の「電解水」。まず「アルカリ性電解水」で、細菌の温床や臭いの元となるたんぱく質・油脂汚れを分解洗浄。その後「酸性電解水」で菌を除去します。

食中毒や施設内感染の対策に。電解水を洗濯水として使用した際の除菌効果

 

食品にかかわる方々が一番気を使うのが食中毒。それでも毎年ニュースに取り上げられています。特に近年では夏場以外にも食中毒が発生しています。食中毒の予防では「菌をつけない・増やさない・除去する」の3原則や食品衛生7Sなどが提唱されていますが、これらをサポートするのが電解水のW効果です。調理場、調理器具はもとより、食品の保管スペース・食材に至るまで食にまつわるあらゆるシーンで電解水が活躍します。

また施設の清掃にも大活躍します。不特定多数の人の集まるスペースでは菌との接触確率も高まります。このようなスペースでも電解水の洗浄・除菌効果が力を発揮します。また電解水なら二度拭きが不要なので、清掃も手間も省け効率よく清掃作業を行えます。

手洗い-ブランク 手洗い-水洗い30秒2 手洗い-酸性電解水洗浄30秒
06

酸性電解水に含まれる次亜塩素酸が高い除菌効果を発揮し、洗濯しながら除菌します。


▲TOPへ

さまざまな脅威を招く病原菌を除菌

酸性電解水が食中毒の原因となる大腸菌やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌などを除菌します。

大腸菌,O-157,O-111[食中毒] リステリア菌[食中毒] 黄色ブドウ球菌[食中毒]
サルモネラ菌[食中毒] MRSA[肺炎] 腸炎ビブリオ[食中毒]
セレウス菌[食中毒] 溶血性連鎖球菌[皮膚疾患] 緑膿菌[下痢]
赤色酵母[水まわりの赤色発色 真菌] カンピロバクター[食中毒] レジオネラ菌[肺炎]
インフルエンザウイルス[感染症] ノロウイルス(ネコカリシウイルス)[食中毒]

温浴施設や畜産関係でも力を発揮

温浴施設での効果的な清掃や、鶏舎等での空間噴霧により冷却と消臭を同時に行うことも可能です。

Wの効果の電解水なら

アルカリ性の「洗浄力」と酸性の「除菌力」。電解水の持つこの2つのWの力により、細菌を除去したのちの真の「清潔」と「安全・安心」を実現いたします。

@手洗い

カタログ用@手洗いシルバーななめ

tearai-spec-2-5

名称 @手洗い(あっと てあらい)
型式 AT-01
電源 AC100V 50/60Hz
定格消費電力 60W
本体寸法 幅:270mm 奥行:110mm 高さ:303mm
本体重量 約3.6kg
pH範囲 5.0〜6.5
有効塩素濃度 10〜30ppm
給水圧 0.1Mpa〜0.75MPa(推奨 0.2MPa以上)
(0.75MPaを超える場合は必ず減圧弁をつけること)
設置場所 屋内(凍結、結露なきこと)
生成方法 電気分解方式
生成水量 最大2.5L/分
給水方式 元止め方式
原水水質 水道法水質基準に適合した硬度80ppm以下の水道水、又は同等水
原水温度 5~35℃
    生成水量、有効塩素濃度、pH範囲は原水の水質・水温・水圧によって変わります。


▲TOPへ

ESS-ZERO

ESS-ZERO-1 生成には薬品類を
一切使用しません 電解水の生成に必要なのは「水」と「塩」と「電気」だけ。 大掛かりな配管・
電気工事が不要 設置工事をしなくてもコンセントと配給水設備だけで電解水が使えます。 軽量・コンパクト設計 持ち運びもでき、軽トラックなどでの移動もカンタン。

 

酸性電解水(次亜塩素酸水)

除菌力を持つ水。大腸菌やサルモネラ菌など、様々な菌の除菌をサポート。脱臭や漂白効果もあり。持ち運びもでき、軽トラックなどでの移動もカンタン。

アルカリ性(電解水)

洗浄力を持つ水。細菌の温床や臭いの元となるタンパク質・油脂汚れを分解洗浄します。

型式 ESS-ZERO
電源 単相100V 50Hz/60Hz 1.0kVA(10A)
消費電力 定格消費電力:650W 平均消費電力:143W
外形寸法 幅500mm×奥行500mm×高さ820mm
電解水pH 酸性電解水:約3.0 アルカリ性電解水:約12.0(現地水質により調整)
有効塩素濃度 20〜70mg/kg(現地水質及び用途により調整)
生成量 酸性電解水:最大約5.0L/min アルカリ性電解水:最大約5.0l/min(調整可)
製品重量 乾燥重量/約80kg
給水 上水道(給水圧0.2〜1.0MPa)
排水 背圧がかからないこと
使用温度範囲 5℃〜35℃
設置場所 屋内(床置式、要排気設備、凍結・結露しない場所であること)

ESS-300

ESS-300-1

 

水なのに驚異の洗浄力!

除菌力
酸性電解水に含まれる次亜塩素酸が洗濯しながら除菌します。
脱臭力
アルカリ性電解水で臭いの元や、細菌の餌となるたんぱく質・油脂汚れを分解洗浄します。その後酸性電解水で様々な菌を除菌します。

コストダウンメリット

洗剤代をDOWN!
電解水でしっかり洗浄。洗剤量を減らせます。
水道代をDOWN!
洗剤が少ないからすすぎも簡単。
ボイラー用燃料代とCO2をDOWN!
強力な洗浄・除菌効果で常温での洗濯が可能。

余裕の300Lタンクを装備 酸性電解水・アルカリ電解水 各300L のタンクで洗濯から屋内の清掃・除菌までカバー

型式 ESS-300
電源 三相200V 50Hz/60Hz 4.0kVA(20A)
消費電力 定格消費電力:2133/2413W 平均消費電力:174W
外形寸法 幅2,015mm×奥行800mm×高さ1,800mm
電解水pH 酸性電解水:約3.0 アルカリ性電解水:約12.0(現地水質により調整)
有効塩素濃度 20〜70mg/kg(現地水質により調整)
生成量 酸性電解水:最大約5.0L/min アルカリ性電解水:最大約5.0L/min(調整可)
送水能力 酸性電解水:約30L/min アルカリ性電解水:30L/min※1
貯水タンク 酸性電解水:300L アルカリ性電解水:300L
製品重量 乾燥重量/約475kg 満水時/約1,075kg
給水 上水道(給水圧0.2〜1.0MPa)
使用温度範囲 -5℃〜35℃(凍結防止ヒーター搭載)※2
設置場所 屋外(アンカーボルトによる固定)


▲TOPへ